福留修蔵.com

わが社の原点

私 福留修蔵は、自然エネルギーを普及させる会社を経営しております。
 2018年新年にあたり、改めてわが社の存在意義を考えてみました。
そもそもは、クリーンエネルギーで地球環境の危機を救いたいとの想いより小型風力発電機の開発を手掛けたところから始まりました。その後、太陽光発電、そしてバイオマス発電といろいろなクリーンエネルギーに取組んで来ております。
 昨今、度々海外に出張しておりますが、地球にはまだまだ活用されていないお宝がたくさん残っていることに気付かされました。ある大陸の森林地帯では、材木としては使用されない残材が文字通り山の様に放置されています。また、アジアのある国では世界的大規模家具メーカーから家具製作に使用した木材の端材やおが屑が日々大量に生み出されています。このような放置された木材や廃棄物をバイオマス発電の燃料に換えることができれば地球環境に大いに貢献できると考えております。その為にも、わが社は眠れる資源を宝物として蘇らせ日本を始め世界に届けられるよう投資を開始しました。
 一方、そのバイオマス発電所も高いコストで建設したのでは経済合理性に合わず普及して行きませんので、誰もが導入し易い中小規模のバイオマス発電所をより経済的に作ることに全社を挙げて取り組んでおります。日本だけでなく世界中の津々浦々にそのようなバイオマス発電所ができれば、森林の残材や家具の端材も無駄なく有効活用されていくことでしょう。
 しかし、世界からの燃料調達や経済性のあるバイオマス発電所の開発を行うのは社員です。従って、わが社の社員には技術的にも人間的にもさらに大きく成長して貰わなければなりません。その為にも、わが社の社員は失敗を恐れず未知の体験に積極的にチャレンジして欲しいと思っております。
また、わが社の存在を意義あるものにする為には、さらに多くの人材の力が必要です。日本は人手不足ですが、海外に目を向けると優秀な人材がまだまだたくさんいることに改めて気が付きました。地球環境を危機から救う為には彼らの手も借りなくてはなりません。
 この1月の仕事始めより13名の優秀な外国人がわが社に参画してくれることになりました、経営者として大変ありがたいことです。
これで、わが社の日本人社員と外国人社員の数はほぼ同数となりました。国籍を問わず、社員ひとりひとりがそれぞれの持ち場でプロフェッショナルとなり、さらに活躍してくれることをとても楽しみにしております。
以上

自前主義

私 福留修蔵は、自然エネルギーを普及させる会社を経営しております。
 わが社は常に新たなことにチャレンジしております。
現状のままでは企業は生き残れないと考えておりますので、常に先々を考え新規分野開拓の為の研究開発を行っております。
 何事も新たに始めるとなると形になるまでには最低でも3年は見ておく必要があります。無論、その間は地道に努力と開発費を積み重ねていくしかありません。
 そして、研究開発が実を結びいよいよその新規事業を実行に移す時がなにより大事な時期と考えております。新規に初めて取組むことですので、社内の誰もが経験を持たないことをやらねばなりません。そんな時は、ついつい外部の専門家に全てを投げてしまいたいと考えがちです。初めてのことで失敗できないからこそその分野のプロに任せてしまおうと考えるのはある意味自然なことかも知れません。しかし、私はそれを厳に慎むように社員に伝えております。解らないからと言って他人に委ねてしまえば、いつまで経っても我々は成長しませんし、相手もこちらが何も知らないとなるといいように取り仕切られてしまう恐れがあるからです。
 ですので、私は例え初めて経験することでも極力我々自身で考え仕事に取り組むことを社員に求めております。そして、どうしても技術的やマンパワー的に社内では賄えない時にのみ外部の助けを借りることを許しております。しかし、その場合でも安易に行うのではなく、十分にその仕事の内容を考え把握し理解した上で外注することを徹底させております。
 社外の知恵や技術を活用することは重要ではありますが、わが社自身が経験を積み重ね成長する為にはやはり自分達で取組む自前主義が極めて大切なことと考えております。 
 初めてのこと解らないことに取組むのはとても勇気がいることですが、是非これからも失敗を恐れずに果敢にチャレンジしていきたいと考えております。
以上

企業理念とは

私 福留修蔵は、自然エネルギーを普及させる会社を経営しております。
 実はまだわが社には明確な企業理念や社是というものがありません。今迄、とにかく目の前の課題に全力で取り組みまっしぐらに進んで来たので、「わが社の企業理念とはなにか?」ということにゆっくり向き合ったことがありませんでした。
 お陰様で、お客様からのご評価と社員の努力によりまだまだではありますが業績も順調に推移し始め、少しゆっくり静かな目で会社を見渡す心の余裕が出て来ました。
 わが社の業務の原点は、『自然エネルギーで地域と地球に貢献すること』であろうとイメージしております。
 さらには、社員を大切にすることも当然と考えております。又、わが社は老若男女の社員が働き、日本以外の国籍の社員もたくさんおりますので、平等で差別や区別がない会社であることも大事なことだと思っております。その上で、わが社の大きな特徴は自分達の頭で考え、自分達自身の手で仕事をすることを大前提としております。安易に社外の応援を仰いだり、難しいことを第三者に投げることを厳に戒めております。つまり、設計も施工も調査も交渉も全て可能な限り自分達で行うよう心掛けております。それらを自ら経験することにより社内に知識やノウハウが蓄積し、社員の成長に繋がっております。たとえ勉強不足や経験不足で失敗したとしても、その痛みを社内で共有できることが掛替えのない価値あることと考えております。
 そして、まだまだ吹けば飛ぶような小さな会社ではありますが、自分達の信念を曲げず、どんな局面や相手にも立ち向ったいきたいと思っています。
 このようなことをつらつら考えておりますが、そう遠からず社内で話し合いながら企業理念を明確にしたいものです。

以上

働く人の資本主義

私 福留修蔵は、自然エネルギーを普及させる会社を経営しております。
 『海賊と呼ばれた男』のモデルである、出光石油の創業者 出光佐三の言葉をまとめた『働く人の資本主義』という本を読みました。この本は出光石油の創業55周年にあたる1969年に出版されたものであり決して新しいものではありませんが、彼の考えに深く共感するところが多々ありました。
 私も社員に対し「チームワークを大切に!」とよく申しますが、彼は社員同士が"仲よくする力"の偉大さを確信しており、「出光がここまで発展してきた根本の力は、結局はみんなの"仲よくする力"以外にない」と言い切っております。
無論、彼が言う"仲よくする"という意味は、決して慣れ合いになったりお互いに甘え合ったりすることを意味している訳ではありません。「仕事を通し愛情を持って社員を鍛錬し、そうすることにより社員は実行力を身に付け、人の為に尽くせる人間になって行く」と述べています。
又、彼は社員に対し自由に働かせることが最善と考えていたようです。
常々「一生懸命やっていればいいのであって、結果にこだわらなくてよろしい」という言葉で表現していました。善意でしくじったときは、本人が必ずあとで反省し自問自答するので、それがなによりよい教訓になり偉大なる体験者となり、さらに人間として活きて来る、と考えていたようです。
 私もいつも社員には、『失敗を恐れるな。チャレンジしろ!』と伝えております。同じ失敗を重ねることには賛成できませんが、社員には殻を破って常に大きく成長して欲しいと思っていますので、敢えて委縮せず新しい発想と共に伸び伸びと仕事をして欲しいとの思いを伝えております。
 出光佐三、こんな経営者がいたのかと改めて同じ日本人として誇らしく感じる一冊でした。
以上

やる気スイッチ

私 福留修蔵は、自然エネルギーを普及させる会社を経営しております。
 あの松下幸之助は「事業は人なり」という言葉を好んだそうですが、私もつくづく「会社は人」だと感じております。熱い心を持って仕事に取り組んでくれる社員がいることで、会社の雰囲気が変わり、雰囲気が変わると自然に業績も伸びて行きます。そして何より、彼ら自身が自ら勉強し新しいことにチャレンジしてくれるので確実に成長しています。
 わが社にも毎年新しい社員が入社して参ります。もちろん若い社員もいますが、所謂シニアと呼ばれる世代の方もたくさんいます。お陰様で、老若男女を問わずみんながそれぞれの経験や知識を十二分に発揮してくれるので、わが社の事業展開に大いに役立っています。
 わが社の事業目的が自然エネルギーの展開という明確且つシンプルな為か、彼らはわが社の仕事の内容や目指す方向性に共感してくれているようです。ですので、入社して月日が経つ毎に各自の『やる気スイッチ』が押されるのか、目の色(私は"眼付き:ガンツキ"と呼んでいますが)が変ってきます。"ガンツキ"が変ると、仕事への姿勢が変り、こちらが何か課題を与えても「できません」という言葉は一切無くなり、どうにか工夫してやってやろうと前向きな発想になってくれます。
 とは言え、経営者ではありますが私も彼らの『やる気スイッチ』がどうして押されるのかはよく解っておりませんし、意識的に押そうとしているつもりもありません。ただ、私としては将来のビジョンをわかり易く示し、各自の持ち場での役割や期待していることを伝えるようには心掛けております。
 この5月にもまた多くの社員が入社してくれました。人数が増えだんだん名前と顔を憶えるのが大変になってきましたが、それは経営者としての大事な仕事と考え一所懸命憶えようと努力する毎日です。
以上